リン酸処理をすることで、金属素材の表面が滑らかになり長持ちする!

リン酸処理をすることで、金属素材の表面が滑らかになり長持ちする!

リン酸処理って何ができる?

鉄材や亜鉛系金属、アルミ系金属といった鉄以外の金属向けの表面処理法です。素材の表面に酸性の液体をかけることによって被膜を作成します。この処理を行うことで、素材の表面を美しく滑らかにしたり、腐敗や錆を防いだりすることが可能です。リン酸亜鉛処理やリン酸鉄処理、リン酸亜鉛カルシウム処理の他リン酸マンガン処理等、様々な処理方法があります。

リン酸処理はどんな目的で使われる?

この処理の目的は主に2種類あります。その1つが塗装前の下処理です。リン酸処理を施された素材は、塗装密度高まるため高品質な塗装が期待できます。もう1つは建築物の外観を美しくするために用いられます。例えば溶解亜鉛メッキ処理を施されたスチール製品は、リン酸亜鉛処理を行うことで、塗装とは違った落ち着きのある雰囲気を醸し出します。経年劣化によって周辺の風景と調和が取れていくのも大きな特徴です。

リン酸処理の工程と、必須の消泡剤

基本的な工程は、最初にアルカリ酸等を使用して素材の表面を洗浄し、その後ですすぎます。次にリン酸処理を行います。リン酸処理は金属に反応して表面に泡を発生させる性質があるので、素材の表面に水疱が残ってザラザラにならないように消泡剤を利用します。その後水洗、熱温風による乾燥という工程になります。

消泡剤について詳しく

泡の発生を抑止したり泡を消したりする効果があり、高級アルコールやポリエーテル、シリコン系の他界面活性剤等様々な種類があります。因みにリン酸処理の消泡剤には、界面活性剤が用いられることが多いです。

リン酸処理は金属製品にリン酸塩加工を施すことで表面に皮膜を形成させる作業です。皮膜は瑞々しいツヤがある他、金属製品に傷が付きにくくなる効果があるのでサビの発生を防ぐことができます。